電報文例(お悔やみ、結婚式など)

お悔やみの電報文例

016.gifお悔やみの電報文例

お悔やみ電報は事情があって通夜や告別式に参列できないときに、弔問に伺う代わりに送るものです。
お悔やみ電報で気をつけなければならない事がいくつかあります。
知らせを受けたらすぐに電報をうつこと、通夜や告別式の日時、場所、喪主の名前の確認です。
そしてお悔やみ電報では通常の呼び方ではなく、敬称を使います。
父(ご尊父様)・母(ご母堂様)・祖父(ご祖父様)・祖母(ご祖母様)などです。
お悔やみ電報で不吉な意味を連想させる言葉は「忌み言葉(いみことば)」と呼ばれ使用しないようにするのがマナーです。
重ね重ね、たまたま、などの繰り返し言葉。
重ねて、再び、続いて、などくり返されることを意味する言葉は使わないようにします。
冒頭からお悔やみの言葉を書きます。心をいたわり、身体の事を気遣う言葉を書きます。香典を同封することもできます。
悲しいことなので文章は手短に、気持ちのこもった文章を送りたいものです。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。