電報文例(お悔やみ、結婚式など)

卒業式の電報文例

007.gif卒業式の電報文例

卒業式の電報で思い浮かぶのは、卒業式で紹介される恩師の電報です。
小学校の卒業式が一番思い出深いのではないでしょうか?
6年間の間で転勤していった先生や退職された先生など。
先生の想いがそのまま電報にのせられて紹介されると思わずみんな涙ぐんでしまいます。
「6年前はあんなに小さかったのに机も靴も洋服もランドセルもいろんなものがあなたには小さくなってしまいましたね。
でも体や友達の輪、夢は大きくなりました。中学に行ってもう一段階大きくなってください」
卒業おめでとうだけでなく、これから先のことを書くのも良いですね。
「卒園おめでとう。新しいランドセルに夢を一杯つめこんでいっぱいにしてくださいね」
などなど、お祝いの言葉は実際、口にだしてなかなか言えないものです。
文章にするとちょっと大げさなことでも言えてしまいます。
特に自分のこどもはおおきくなればなるほど気持ちが伝えにくくなってきます。
おめでとう、と感謝をこめて電報を送るのもいいものですね。



| 卒業

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。