お悔やみカテゴリの記事一覧

お悔やみの電報文例

016.gifお悔やみの電報文例

お悔やみ電報は事情があって通夜や告別式に参列できないときに、弔問に伺う代わりに送るものです。
お悔やみ電報で気をつけなければならない事がいくつかあります。
知らせを受けたらすぐに電報をうつこと、通夜や告別式の日時、場所、喪主の名前の確認です。
そしてお悔やみ電報では通常の呼び方ではなく、敬称を使います。
父(ご尊父様)・母(ご母堂様)・祖父(ご祖父様)・祖母(ご祖母様)などです。
お悔やみ電報で不吉な意味を連想させる言葉は「忌み言葉(いみことば)」と呼ばれ使用しないようにするのがマナーです。
重ね重ね、たまたま、などの繰り返し言葉。
重ねて、再び、続いて、などくり返されることを意味する言葉は使わないようにします。
冒頭からお悔やみの言葉を書きます。心をいたわり、身体の事を気遣う言葉を書きます。香典を同封することもできます。
悲しいことなので文章は手短に、気持ちのこもった文章を送りたいものです。

お悔やみ電報の文例や例文

001.gifお悔やみ電報の文例や例文

お悔やみ電報の文例や例文というのは、電報を打つ際に何通りか電話帳に書かれていることがありますよね。それをそのまま電報に打ってもらうだけでもいいと思いますが、一言でも故人を思う気持ち、遺族に対する思いなどを言葉にして電報を打つといいと思います。例文というのは参考にして、自分ですべてお悔やみ電報の文章を考えてもいいですね。とても気持ちが伝わると思いますよ。電報の場合は、ほとんど同じ文例や例文を使うことが多くなりますから、一言でも電報の文例にない言葉を添えるだけでも心に響くものがるのではないでしょうか。
また、インターネットを利用して調べてみてもいいですね。インターネットなら電話帳に載っていない文例が紹介されていたりするので、自分の気持ちを添えながら電報用にアレンジするといいでしょう。例文や文例をそのまま利用するのではなく、悲しく辛い気持ち、故人を尊ぶ気持ちをきちんと伝えることが大切ではないでしょうか。
遺族もとても悲しい思いをしているに違いありません。ですから、遺族にも配慮したお悔やみ電報を打つといいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。